見やすいサイト作り

SEO対策でユーザーに対して見やすいサイトを作ることはユーザビリティの点で非常に大事なことです。押さえておきたい大切なことがあります。それは、 トップページを頂点とした階層状にサイトを構成し、ページをカテゴリごとに分類して配置することです。階層が進むほど情報が細分化され、求めている情報に具体的に近づける仕組みです。階層状の構造を作って一定のルール上でページを配置すると、ページごとの位置関係がわかりやすくなります。それによって、 サイトの訪問者が求めている情報へとスムーズに誘導することが可能で す。

サイトの構造を整理することはSEOにもつながる
こうしてサイトの構造を整えることは、訪問者に使いやすいだけでな く、SEO対策の効果も得られます。その主なメリットは、次の2つです。キーワード密度の向上 コンテンツを個々のページに分けると、必然的にそれぞれのページの情報が限定されるため、キーワード密度の向上に繋がります。検索エンジンは、特定のキーワードとページとの関係性の高さを調べるために、そのキーワードの密度(使 用頻度)をチェックします。ページごとの情報を絞ることで、ページ内 での特定のキーワードの含有率があがるため、そのキーワードで検索されたときに、検索順位がアップしやすくなります。
データの取りこぼしを防げる もう lつは、階層構造によってページ間のリンクが単純化され、検索 エンジンがデータを取りこぼす可能性が減ることです。 検索エンジンは、あまりにトップページから遠い(たくさんの回数のリンクを経ないとたどり着けない)ページは、検索対象としてくれない 場合があります。大量のコンテンツを同じ階層に置き、それらのページ を雑然とリンクしていた場合、検索エンジンがきちんとデータを回収しきれなし通かも知れません。つまり、ページを階層化することで、全てのページが最大でも階層の深さと同じ数のリンクでたどり着けるようになり、検索エンジンに無視 される可能性が減るわけです。

●SEO対策は、SEO 格安の東京SEOメーカーにご相談ください。